ヒゲマキナワボラ科
Neophiphinoe unicarinata (Broderip & Sowerby, 1829)
ネジヌキ
Neophiphinoe unicarinata
  

特徴

殻の色は灰白色で褐色の殻皮に覆われる。各螺層は 螺旋階段状になり、肩に太い螺肋がある。臍孔は大きく開き深く稜角をめぐらす。

産地

三陸沖、千葉県 銚子沖、 東京湾口 水深100m、相模湾 水深30m、 能登半島以南、瀬戸内海、九州、黄海。

原記載

1829 Trichotropis unicarinata, Broderip & Sowerby, Zool. Jour., 4 p. 376.

和名原典

18?? 著者不明 六百介品

メモ

少ない貝です。本種のような螺旋階段状の貝はチマキボラやテンジククダマキ、 コシボソカセンなどがあります。コシボソカセン以外は東京湾口周辺の海辺で 採集することができます。



[index] [home]